2018ワールドカップ主催地-ロシア

ロシア2018ワールドカップは第21回ワールドカップです。競争は6月14日から、7月15日まで、ロシアでの11都市で開催されます。

これははじめてロシアで開催されたワールドカップで、東欧の国で行われるのも第一回です。ロシアワールドカップは32チームが参加でき、ホストロシア代表を除いて、その他の31チームは予選出場結果によって決めています。ワールドカップの期間中で、64回の試合はロシア境内で行われて、最後の優勝国を選んでいます。

2018ワールドカップの入札ブログラムは2009年1月も正式的に開始しました。当年2月に全ての入札した国は申請や登録手続きも完了できました。当時の入札した国はオランダ/ベルギー(共催)、スペイン/ポルトガル(共催)、ロシア、イングランドやメキシコです。メキシコが途中に諦めていました。投票はスイス現地時間2010年12月1日に行われていました。最後は2018年大会はロシア、2022年大会はカタールで開催されることに決定しました。

ロシア代表は2018ワールドカップの主催者として、直接にワールドカップの出場資格を持って、他の31チーム出場結果も出ました。12月1日に、各チームのグループ試合日程も出ました。具体的に資料が知りたい場合は、以下のリンクを押してください。

2018ワールドカップグループ試合日程

ロシア代表はモスクワで6月15日にサウジアラビアと対戦します。一緒に試合を楽しみていましょう。