サッカー日本代表2018ユニフォームを発表

2017年11月6日、アディダス株式会社は日本サッカー協会と共に日本代表の新しいユニフォームを発表しました。

日本代表の選手はこれから新シーズンのユニフォームを着て、ワールドカップを参加します。日本にとって、2018年は新しい進歩を表しています。20年前、日本代表は歴史上に第一回にフランスワールドカップを参加しました。

新ユニフォームは先進技術と革新的なデザインを利用して、日本の独特的な文化と勝利への意欲を表現しました。ユニフォームは勝利の色(勝色)で、武将がよろいの下にまとう着物をイメージした深く濃い藍色がベースに利用して、勝利への魂で染あげたことを表しています。ユニフォームの色は伝統的なブルーカラーを使用し、勝利という意味を含まれています。

このシーズンユニフォームは日本の伝統的な手作り服飾工芸に触発され、刺繍技術を利用して、ユニフォームをデザインしました。チームエンブレムの上に、日本国旗をつけています。

V字の襟は侍の着物の前あわせを意識し、日の丸を象徴する赤色にした。胸にはJFAの新エンブレムを配しています。襟口にはレッドを飾られています。レッドは日本を象徴して、勝利も代表しています。

日本代表のショーツとソックスも青いカラーを採用して、ユニフォームと同じです。これもアディダス会社は最初に Climachill 技術を適用し、ユニフォームの通気性と速乾性を提高します。

新ユニフォームの販売も開始して、いいショップがお勧めたいんです。下記はそのサッカーショップのリンクで、欲しいなら、ご参考ください。

サッカー用品販売ショップ:

https://jleagueuniform.com