アルゼンチン代表 W杯新ユニフォーム 10番メッシ発売!!

メッシ、アルゼンチン最も有名なサッカースター!ロシアで開催される2018ワールドカップには、世界のファン達と会うことができる。 以前のワールドサッカーマッチで、メッシは素晴らしいサッカー点数を取る。すごく人気があるワールドサッカースターで、国際社会では多くのファンがいる。 メッシの個人情報ご紹介: リオネル・アンドレス・メッシ(LionelAndrésMessi [ljoˈnel anˈdɾes ˈmesi] , 1987年6月24日 – )は、アルゼンチンサンタフェ州ロサリオ出身のイタリア系アルゼンチン人気サッカー選手。リーガ・エスパニョーラ・FCバルセロナ所属。

アルゼンチン代表では2005年から代表に選出され、2010年からはキャプテンを務めている。同国代表の通算最多得点記録の保持者でもある。2014 FIFAワールドカップではアルゼンチンの準優勝に貢献し、大会MVPにあたるゴールデンボールを受賞した。また2008年には北京オリンピックに出場し、金メダルを獲得した。

アルゼンチン代表:

2006年 – FIFAワールドカップ (ベスト8位)

2006年 – FIFAワールドカップ (ベスト8位)

2010年 – FIFAワールドカップ (ベスト8位)

2011年 – コパ・アメリカ (ベスト8)

2014年 – 2014 FIFAワールドカップ (準優勝)

2015年 – コパ・アメリカ (準優勝)

2016年 – コパ・アメリカ・センテナリオ (準優勝)

今度ロシアワールドカップに向けた新ユニフォームもう公開した。ブルー、ホワイトとの組み合わはピクセル柄でアルゼンチンサッカー協会(AFA)125周年をお祝いデザイン。下記は2018新 ユニフォームを着ているメッシ!

メッシの新ユニフォームは、今発売される!お好きなファン達が絶対に取り逃がしないで!

アルゼンチン代表2018ユニフォームホーム半袖#10メッシ激安通販する!

特徴:背部番号「10」、ネームプレート「MESSI」をプリントする。 素材:ポリエステル100%ご購入ほしい方はこちらへ~

 

サッカー日本代表2018ユニフォームを発表

2017年11月6日、アディダス株式会社は日本サッカー協会と共に日本代表の新しいユニフォームを発表しました。

日本代表の選手はこれから新シーズンのユニフォームを着て、ワールドカップを参加します。日本にとって、2018年は新しい進歩を表しています。20年前、日本代表は歴史上に第一回にフランスワールドカップを参加しました。

新ユニフォームは先進技術と革新的なデザインを利用して、日本の独特的な文化と勝利への意欲を表現しました。ユニフォームは勝利の色(勝色)で、武将がよろいの下にまとう着物をイメージした深く濃い藍色がベースに利用して、勝利への魂で染あげたことを表しています。ユニフォームの色は伝統的なブルーカラーを使用し、勝利という意味を含まれています。

このシーズンユニフォームは日本の伝統的な手作り服飾工芸に触発され、刺繍技術を利用して、ユニフォームをデザインしました。チームエンブレムの上に、日本国旗をつけています。

V字の襟は侍の着物の前あわせを意識し、日の丸を象徴する赤色にした。胸にはJFAの新エンブレムを配しています。襟口にはレッドを飾られています。レッドは日本を象徴して、勝利も代表しています。

日本代表のショーツとソックスも青いカラーを採用して、ユニフォームと同じです。これもアディダス会社は最初に Climachill 技術を適用し、ユニフォームの通気性と速乾性を提高します。

新ユニフォームの販売も開始して、いいショップがお勧めたいんです。下記はそのサッカーショップのリンクで、欲しいなら、ご参考ください。

サッカー用品販売ショップ:

https://jleagueuniform.com

 

 

 

 

 

2018ワールドカップ主催地-ロシア

ロシア2018ワールドカップは第21回ワールドカップです。競争は6月14日から、7月15日まで、ロシアでの11都市で開催されます。

これははじめてロシアで開催されたワールドカップで、東欧の国で行われるのも第一回です。ロシアワールドカップは32チームが参加でき、ホストロシア代表を除いて、その他の31チームは予選出場結果によって決めています。ワールドカップの期間中で、64回の試合はロシア境内で行われて、最後の優勝国を選んでいます。

2018ワールドカップの入札ブログラムは2009年1月も正式的に開始しました。当年2月に全ての入札した国は申請や登録手続きも完了できました。当時の入札した国はオランダ/ベルギー(共催)、スペイン/ポルトガル(共催)、ロシア、イングランドやメキシコです。メキシコが途中に諦めていました。投票はスイス現地時間2010年12月1日に行われていました。最後は2018年大会はロシア、2022年大会はカタールで開催されることに決定しました。

ロシア代表は2018ワールドカップの主催者として、直接にワールドカップの出場資格を持って、他の31チーム出場結果も出ました。12月1日に、各チームのグループ試合日程も出ました。具体的に資料が知りたい場合は、以下のリンクを押してください。

2018ワールドカップグループ試合日程

ロシア代表はモスクワで6月15日にサウジアラビアと対戦します。一緒に試合を楽しみていましょう。